スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆみ@sweeteye
スポンサー広告  

あゆのアイメイク



そのカリスマ性から若い女性が憧れる芸能人の1人の浜崎あゆみ
最近は難聴の告白があったりしてはいるものの、
Ayuはまだまだファッションリーダーとして健在だと思います。
そんなAyu風アイメイクに挑戦してみましょう。

Ayu風アイメイクでは濃い色のシャドウはまつ毛が目立たなくなるので、
淡いパールの入ったシャドウがお勧めです。
目元は明るめのイエローなどでくすみをカバーします。
Ayuが一番よく使っているのが淡いゴールドベージュのシャドウ
パール感を生かしたいなら、クリームタイプのシャドウもお勧め。
指や綿棒で優しく押し込めるようにまぶたの上に色を乗せていきましょう。

眉下にはハイライトを入れます。
真っ白だと、パール入りでもそうでなくても、テカったように見えることがあるので、
自然にみえる色を。
アイボリー(黄みがかった白)が良いでしょう。

アイラインを引きます。
Ayu風アイメイクではかなりくっきり真っ黒なアイラインを入れています。
自信のない人は、細い筆ペンタイプがおすすめです。
慣れた人はリキッドとペンシルを用意します。
ペンシルで太めに、リキッドでマツゲの際を埋めます。
くっきりラインを書いているので、ほかしすぎないことです。

目の下と目頭にホワイトでインサイドラインを入れます。
白でも良いし、パールがかった色なら、ピンクパールも可愛いですね。
白目がキレイに見えます。
まぶたにシャドウと同系色のラメを乗せても良いです。
見る角度によって変わる偏光パールでもいいと思います。玉虫色に光って綺麗。
パーティや普段と違う、インパクトあるメイクをしたかったら、
目の下にラインストーンを置いてもかわいいと思います。

どうでしょう?参考になりましたか?
カンタンAyu風アイメイクの完成です。


スポンサーサイト
ゆみ@sweeteye
アイメイクを芸能人風に   0 0

派手色アイメイク~ヴィヴィッドに仕上げてインパクト大




色とりどりのメイク用品。きれいで華やか。気持ちがわくわくしますね。
自分には何色が合うだろうかとか、今日の気分は、服の組み合わせに合う色は・・・とか。
顔にきれいな色を乗せていくのは楽しい作業です。
大人っぽいと思っていたアイシャドウも、年齢を重ねるごとにそれが似合う顔立ちに変化していきます。

そんな楽しいカラフルメイクの落とし穴!
ただ派手な色をのせただけのオバサン顔になっていませんか?
けばいなんて言われたらガッカリですよね。
オバサンメイクにさよならを告げましょう。

目元・目じりに深みを出すには、アイシャドウが最低2色は必要だと言えます。
単色のアイメイクのみでは立体感が出ず、
平面顔の日本人はどうしても薄っぺらい印象になりがちです。

ベースとなる薄い色をアイホールに幅広く乗せたら、
目のキワに濃い色を乗せて、2色の濃淡の境目を綿棒や指で馴染ませるようにぼかしましょう。
ぼかして仕上げれば、深みのある目元になります。

原理は何色でも一緒です。
ピンク、ブルー、グリーンなどは、アイホールにそれらを乗せたら、
最初にのせた色の同色の濃い色を目のキワに塗って下さい。
あるいは、ブラック、グレーなどの「締め色」になるシャドウを乗せてぼかしましょう。
仕上げにアイライナーを使って目元を引き締めましょう。

華やかだけど、「けばい」と言わせないメイクになります。
そうそう、下まぶたにもアイライナーを忘れずに。

もっと瞳力を出したい場合は、マスカラやつけまつげを使うと、印象が変わってきますよ。

ヴィヴィッドカラーは印象が強く残るはずです。
ここぞと言う時にぜひ!!


ゆみ@sweeteye
アイメイクのジャンル   0 0

PREV | HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。